「ハイチのマザーテレサ」と呼ばれるシスター須藤昭子医師。

「貧しい人たちを結核から救いたい」と1976年ハイチに移住、医療活動に従事してきました。しかし彼女の希望を打ち砕く出来事が起こります。

2010年1月12日「ハイチ大地震」30万人以上が犠牲になり、コレラや結核などの感染症も蔓延、シスター須藤の病院も全壊し、レントゲンの機材も壊れてしまいました。

「貧しい人が亡くなっても、お棺を作るお金もなく、段ボールに入れて埋葬することしかできませんでした」

シスター須藤は当時を振り返ります。

 

 

大地震の後、医療支援でハイチを訪れていた大類隼人医師。

患者であふれかえる医療テントで、彼もまた同じことを考えていました。

「日本では決して死ぬことのない病気で次つぎと人が死んでいく。

医師としてこんな無念なことは無い」

大切な人の死、それを見つめる家族の姿、何も出来ない無力な自分。

日本ではありえない現実がそこには広がっていました。

 

しばらくして、運命の出会いが訪れます。

日本から遠く離れた世界最貧国ハイチで出会った2人の日本人医師。

2人の思いは同じでした。

「変えなければいけない現実がある」

そして「Future Code~未来への鍵~」が始まったのです。

 

 

 

世界最貧国ハイチで出会った2人の日本人医師の想い

 

顧問 シスター須藤昭子医師

感染症患者であふれる医療テントと大類隼人医師

 

 

Future Code(未来への鍵)のはじまり